トップページ > 関経連について > 関経連の使命・役割

関経連の使命・役割

使 命

常に関西全体を意識し、委員会等での企業人の活発な議論を源泉に、先取性や独自性に富んだ調査研究活動を行い、これに基づく政策提言や実践的アクションにより、関西から日本経済の発展をめざしていくこと

役 割

関西がめざすべき将来ビジョンとロードマップの策定
関西がめざすべき将来ビジョンとロードマップの策定

総合的なビジョンである「関西ビジョン2020」のほか、関西に強みのある観光やスポーツ、健康・医療をはじめとする各テーマにおいて、関西がめざすべき姿とそれを実現するために必要な方策を打ち出します。また、関西と歴史的にも経済面においても緊密なアジアとの関係をさらに深める構想を掲げ、双方向のビジネスメイキングを行うプラットフォームの設立に向けて取り組んでいます。

時代を先取りした広域性のある実践的アクション

"関西はひとつ"という広域の視点によって相乗効果が生まれるという意識のもと、実践的なアクションを行っています。各地域が広域かつ独自の視点で取り組むことができる制度をめざして地方分権を推進するとともに、関経連が提案し実現した、日本で唯一の府県をまたがる広域行政体である「関西広域連合」とともに、幅広い分野で連携した活動を行っています。例えば、観光分野では、官民一体となって「関西観光本部」を設立し、外国人向け交通パスや無料wi-fiの整備などに取り組んでいます。

時代を先取りした広域性のある実践的アクション
関西の総意形成や地域が一体となった取り組みの先導
関西の総意形成や地域が一体となった取り組みの先導

関西内外の自治体・経済界などの総意をとりまとめて一丸となった取り組みを率先して行っています。例えば、万博やG20などの国際イベント・行事の誘致活動や、リニア中央新幹線・北陸新幹線の早期開業などインフラ整備の推進を政府に要望しており、過去には、関西国際空港やけいはんな学研都市の実現に尽力しました。また、女性活躍推進など企業における取り組みを支援しています。

会員の声を踏まえた関西らしい思い切った政策提言

現場から生まれる会員の真の声と時代を先取りする視点を踏まえて調査研究を行い、課題提起を意識した関西独自の政策提言を行っています。例えば、政府などに対して、税財政のあり方やエネルギー政策、企業関連法制度、働き方改革などをテーマに、原理原則や具体的な要望などを提言します。これらを通じ、企業が活動しやすい環境整備、ひいては日本経済の活性化に貢献しています。

会員の声を踏まえた関西らしい思い切った政策提言