トップページ > 公表資料 > 会長コメント > 神戸空港の開港に寄せて

会長コメント 2006

神戸空港の開港に寄せて

2006/02/16 1.神戸空港が開港の運びとなったことを心からお喜び申し上げる。未曾有の震災からの復興の一環として、また、新しい神戸・兵庫に不可欠な都市基盤として建設に取り組んでこられた、関係者の長年にわたるご尽力に深く敬意を表したい。


2.空港の開港は、港町として発展してきた神戸にとってさらなる飛躍の扉を開く。とりわけ、中核産業である観光に大きなメリットをもたらし、また、医療産業都市においても、企業進出や研究交流が活発になると期待される。


3.今後、3空港を有機的に連携し関西の発展につなげていくことが重要である。関空と神戸空港の際内乗り継ぎの利便性を高める陸上、海上のアクセス整備をはじめ、陸海空の総合的なネットワーク機能の強化に関西が一丸となって取り組んでまいりたい。


以上
ページの先頭に戻る