トップページ > 公表資料 > 会長コメント > 安倍内閣発足に関するコメント

会長コメント 2006

安倍内閣発足に関するコメント

2006/09/26 1.本日発足した安倍内閣は、主要閣僚にベテランを配置するとともに新たな人材を積極的に登用するなど、国民の期待に応えうる実行力重視の布陣になったと思う。


2.諸外国との信頼関係を構築するために麻生外務大臣が留任されたことを評価したい。対米外交を重視するとともに、近隣外交にも積極的に取り組んでもらいたい。 また、新たに道州制、再チャレンジ、イノベーションの特命担当大臣を任命するなど、政権構想実現に向けた総理の決意が示されたものと大いに期待している。


3.わが国の将来像を国民と共有し、安倍総理のリーダーシップのもと内閣一丸となり、スピード重視で諸課題解決に向けた施策を展開していただきたい。


以上


ページの先頭に戻る