トップページ > 公表資料 > 会長コメント > 関西国際空港第2滑走路オープンに関するコメント

会長コメント 2007

関西国際空港第2滑走路オープンに関するコメント

2007/08/02
2007年8月2日


関西国際空港第2滑走路オープンに関するコメント


(社)関西経済連合会
 会 長 下妻 博


1.念願の関空第2滑走路がオープンし、感慨ひとしおである。第2滑走路オープンにより、関空はわが国唯一の完全24時間空港となり、今後、政府のアジ ア・ゲートウェイ構想の一翼を担うとともに、国際的な人的交流や物流の拠点として、アジアそして世界に向けて、重要な役割を果たしうるものと確信してい る。


2.とりわけ、企業の国際物流において、関空の完全24時間化のメリットは、アジア翌日配達圏の実現など誠に大きく、また、広大な2期島を活用すれば、多 様な物流ニーズに応える総合的な物流拠点の形成も可能となる。今後、完全24時間、高品質な航空物流サービスが、関空から、世界に向けて提供されていくこ とを大いに期待している。


3.関西経済界としては、関空が世界に誇れる利便性の高さと国際競争力を備えた空港として、大きな飛躍をとげていくよう、今後とも、あらゆる協力を惜しまない決意である。


以上


ページの先頭に戻る