トップページ > 公表資料 > 会長コメント > 大阪府「大阪維新プログラム案」に関するコメント

会長コメント 2008

大阪府「大阪維新プログラム案」に関するコメント

2008/06/05
2008年6月5日

大阪府「大阪維新プログラム案」に関するコメント

(社)関西経済連合会
 会 長 下妻 博


1.橋下知事が就任後、強いリーダーシップを発揮して精力的に全事業の見直しを進められ、本日、財政再建プログラム案に加えて、子育て・教育、都市の魅力づくりなど、将来の成長を見据えた重点政策案や府庁改革案を短期間でまとめられたことを評価する。  経済界としても、知事との継続的な意見交換などを通じ、改革の取り組みを積極的にサポートしていきたい。


2.経済活性化策も盛り込まれているが、中小企業対策や大阪のバイオ、ライフサイエンス産業振興だけでなく、神戸、京都、けいはんな学研都市など関西の関 連クラスターとの連携による相乗効果の発揮、陸海空の総合的な国際物流機能強化のためのハード・ソフトのインフラ整備など、総合的な産業政策を打ち出し、 取り組みを一層強化させてほしい。
 さらには、大阪のグランドデザインをできるだけ早く提示することが、知事の改革実現に不可欠と思う。


3.関空ゲートウェイ機能強化促進事業は、地元の自治体・経済界・関空会社が一体となって、新規就航奨励金をはじめ、関空への路線誘致や利用促進を図る総 合的な取り組みである。これらの取り組みによって、昨年8月の第2滑走路オープンや12万9千回の発着回数目標が達成されたと言っても過言ではない。
 今回のプログラム案では、来年度以降の取り扱いについては改めて検討するとなっているが、2期事業の今後の円滑な推進、政府補給金の継続確保、さらには財務構造の改善措置を国に強く要望していくためにも、利用促進事業を来年度以降も継続すべきである。

以上


ページの先頭に戻る