トップページ > 公表資料 > 会長コメント > 鳩山内閣発足に関するコメント

会長コメント 2009

鳩山内閣発足に関するコメント

2009/09/16

社団法人 関西経済連合会
会長 下 妻  博


本日発足した鳩山内閣は、主要閣僚に党代表経験者を複数配するなど、政治主導実現への意気込みを感じさせる布陣となった。鳩山新首相には、内閣が一丸となってわが国の持続的成長と国民生活の向上に資する政治を行うようリーダーシップを発揮してもらいたい。

新政権の発足が世界から注目されている中、鳩山新首相には世界におけるわが国の立ち位置を明確にするとともに、国家ビジョンを提示し、イノベーションの推進など活力ある自由な企業活動による持続的成長を可能とする政策を進めていただきたい。また、自立し、活力ある地方をつくるための産業振興やインフラ整備を強化することを期待したい。

今後の政策実行にあたっては、マニフェストにこだわることなく、柔軟に様々な意見に耳をかたむけ、政策の継続性、効果や将来的影響に十分留意しつつ、短期、中期、長期の視点から諸課題に取り組んでほしい。

当会は、新内閣に協力を惜しまないし、これまで同様、積極的な意見も述べていきたい。 ページの先頭に戻る