トップページ > 公表資料 > 会長コメント > 2010年度政府予算案に関するコメント

会長コメント 2009

2010年度政府予算案に関するコメント

2009/12/25

社団法人 関西経済連合会
会長 下 妻  博


1.厳しい財政状況の中、マニフェストに関連する予算の一部見直しも行い政府予算案をまとめられたことを評価する。先の本年度第2次補正予算案と併せ早期成立を図り、切れ目ない予算執行を実現してほしい。

2.本格的な景気回復のためには、中長期を見据えた成長戦略が不可欠であり、早急に政府としての成長戦略を策定するとともに、必要に応じて来年度中の予算措置も行うべきである。

3.関空会社への政府補給金が75億円となったことは残念ではあるが、「毎年の補給金といった対症療法ではなく財務構造の抜本改革を実行すべき」との前原大臣の決意を示したものとして前向きに受け止めたい。これを契機に、国は関空を首都圏空港と並ぶ日本の二大ハブ空港に位置づけ、国際競争力ある空港として維持運営できる環境を早急に整えるべきである。

ページの先頭に戻る