トップページ > 公表資料 > 会長コメント > 円高と世界的な株安に関するコメント

会長コメント 2011

円高と世界的な株安に関するコメント

2011/08/11

公益社団法人 関西経済連合会
会長 森  詳 介


東日本大震災発生から5カ月が経ち、復旧・復興がままならない中で、過度な円高の定着による産業空洞化の加速を憂慮する。
政府・日銀には、為替介入や金融緩和等の対応を早急に実行されたい。また、当面の電力問題の解消はもちろんのこと、今後の新たな成長への道筋を示すべきである。
さらに、世界的な株安の進行を阻止するため、早急に金融市場安定化のための協調行動と財政健全化への具体策を明示するよう各国政府に働きかけ、市場の不安感を払拭するよう強く望む。

ページの先頭に戻る