トップページ > 公表資料 > 会長コメント > TPP交渉への参加表明に関するコメント

会長コメント 2011

TPP交渉への参加表明に関するコメント

2011/11/11

公益社団法人 関西経済連合会
会長 森  詳 介


日本企業が「6重苦」で苦しんでいる中、世界市場への貿易、投資を拡大させるためにも、大市場国である米国や豪州が参加しているTPP交渉への参加表明は、評価できるものである。

経済がグローバル化し、新興国が製造拠点・消費市場として台頭しつつある中、日本が世界の主要国との自由貿易ネットワークに入らなければ、製造・貿易立国としての日本の魅力が激減してしまう。

政府においては、TPP交渉への参加の必要性について、十分な説明責任を果たされ、日本企業の国際競争力を高める環境を早期に整備していただきたい。

ページの先頭に戻る