トップページ > 公表資料 > 会長コメント > 政府による関西電力大飯発電所3、4号機再稼動妥当判断に関するコメント

会長コメント 2012

政府による関西電力大飯発電所3、4号機再稼動妥当判断に関するコメント

2012/04/13

公益社団法人 関西経済連合会
会長 森  詳 介


政府は本日、関西電力大飯発電所3、4号機について、再稼動を妥当とする判断を示されたが、電力不足問題の解消に向け、大きく前進したものと評価している。
電力の安定供給は、国民生活、そして企業の事業活動の基盤である。昨夏に続く今冬の節電協力により、当会の会員企業も生産活動に影響が出るなど、悲鳴を上げており、さらなる節電協力は是が非でも避けなければならない状態である。
政府は今後、福井県をはじめとする地元自治体に説明されるとのことだが、政府自身が責任をもって地元自治体の理解・合意を得て、一刻も早く関西電力大飯発電所の再稼動を実現いただくとともに、他の原子力発電所についても速やかに対応し、国民そして企業に安心感を与えてくれる環境を整備していただきたい。

ページの先頭に戻る