トップページ > 公表資料 > 会長コメント > 「政府による関西電力大飯発電所3、4号機再稼動決定」に関するコメント

会長コメント 2012

「政府による関西電力大飯発電所3、4号機再稼動決定」に関するコメント

2012/06/16

公益社団法人 関西経済連合会
会長 森  詳 介


政府が本日、関西電力大飯発電所3、4号機の再稼動を決定いただいたことは、今夏の電力不足解消に向け、大きな前進であると評価する。
また、政府の判断に先立ち、西川福井県知事が関西電力大飯発電所3、4号機の再稼動に同意いただいたことに深く感謝する。
福井県には、長年にわたる原子力発電所の安全確保への多大な貢献を通じ、電力消費地である関西の発展を支えていただいてきた。また、本日の知事の判断に至るまでに、建設的な議論を尽くしていただいており、関西経済連合会として、重ねて感謝の意を表する。
ただ、これで完全に電力の安定供給が確保された訳ではない。需給ギャップは緩和されたものの、今夏の需給が不安定な状況は変わらない。また、先行きの電力需給も未だ安定したものとは言い難く、企業における設備投資等の、事業活動が見通しづらい状況にあることにも変わりはない。
電力の安定供給確保のためには、現実を直視した対策が急務である。政府におかれては、関西電力大飯発電所3、4号機の他にも、安全が確認された原子力発電所について、一刻も早く再稼動に向けた手続きを進めていただくよう求める。

ページの先頭に戻る