トップページ > 公表資料 > 会長コメント > 社会保障・税一体改革関連法案の衆議院通過に関するコメント

会長コメント 2012

社会保障・税一体改革関連法案の衆議院通過に関するコメント

2012/06/26

公益社団法人 関西経済連合会
会長 森  詳 介


与野党が胸襟を開いて議論を行い、一定の合意に達したことを高く評価している。また、政治生命をかけると断言し、法案成立に邁進されている野田首相には敬意を表する。この上は、ぜひとも今国会会期中に関連法案を成立させていただきたい。
社会保障・税一体改革は、中長期的に財政の健全化を実現し、持続可能な社会保障制度を確立する上で、極めて重要である。とりわけ、消費税率引上げによって財政を安定化させることは、わが国財政への信認の毀損を避ける上で、必要不可欠である。
今後、「消費税引上げによる社会保障の安定財源確保」「膨張する社会保障費の抑制」「成長戦略の着実な実行」を、三位一体で同時に取り組むことを求める。

ページの先頭に戻る