トップページ > 公表資料 > 会長コメント > 社会保障・税一体改革関連法案成立に関するコメント

会長コメント 2012

社会保障・税一体改革関連法案成立に関するコメント

2012/08/10

公益社団法人 関西経済連合会
会長 森  詳 介


社会保障・税一体改革関連法案が成立したことは評価するが、国の信認を左右する最重要法案が政争の具に使われたことは甚だ遺憾であり、政治に対する不満・不安は募るばかりである。
わが国財政の危機的状況を回避するためには、「消費税率引き上げによる安定財源の確保」、「膨張する社会保障費の抑制」、そして「成長戦略の着実な実行」を、三位一体で実行する必要がある。
また、財政再建以外にも、早期に対策が必要な課題は山積している。
与野党におかれては、優先すべきなのは、党利党略ではなく国家・国民であるということを再認識した上で、それぞれの課題に対して、大局的かつ賢明な判断を下すことを強く求める。

ページの先頭に戻る