トップページ > 公表資料 > 会長コメント > 関西電力大飯発電所4号機停止に関するコメント

会長コメント 2013

関西電力大飯発電所4号機停止に関するコメント

2013/09/15
公益社団法人関西経済連合会会長
森  詳 介


 関西電力大飯発電所4号機が停止し、再び、国内の原子力発電所の稼働がゼロとなった。

 猛暑とともに火力発電所の停止もあり、非常に厳しい需給状況であった今夏を何とか乗り切れたのは、大飯発電所3、4号機の稼働によるところが大きい。
 これもひとえに、昨年6月、政府の判断に先立ち、電力消費地のために、西川・福井県知事をはじめ地元のみなさまが再稼働に同意いただいたおかげであり、深く感謝している。

 しかし、震災以来の電力不足は、今なお企業活動に大きな影を落としており、安倍政権が目指す持続的な経済成長を実現するためには、電力の安定供給確保が不可欠である。

 関経連は、原子力規制委員会の審査体制の強化や審査の効率化を進め、大飯発電所3、4号機、高浜発電所3、4号機の安全確認の早期完了と早期再稼働を実現することを、政府に対して、改めて強く求める。


以  上
ページの先頭に戻る