トップページ > 公表資料 > 会長コメント > 「エネルギー基本計画」の閣議決定に関するコメント

会長コメント 2014

「エネルギー基本計画」の閣議決定に関するコメント

2014/04/11
公益社団法人関西経済連合会会長
森  詳 介


 本日閣議決定された新たな「エネルギー基本計画」は、当会がこれまで強く主張してきた、「S(安全性)+3E(安定供給・環境保全・経済性)の同時達成」の観点を踏まえ、原子力発電を「重要なベースロード電源」と位置づけるなど、バランスの取れたエネルギー供給体制の構築に向け、意義のある内容となっている。

 政府におかれては、新たなエネルギー基本計画を国の基幹政策としてしっかり位置づけ、中長期的にぶれることなく推進するとともに、国民各層とのコミュニケーションを充実させ、計画への理解の促進に努めていただきたい。

 また当会では、低廉で安定的な電力の供給を再三にわたり求め続けている。上向いてきた経済に水を差さないためにも、安全が確認された原子力発電所の一日も早い再稼働の実現を強く要望する。


以  上
ページの先頭に戻る