トップページ > 公表資料 > 会長コメント > 2015年度政府予算案に関するコメント

会長コメント 2015

2015年度政府予算案に関するコメント

2015/01/14
公益社団法人関西経済連合会
会長  森  詳 介


 本日閣議決定された2015年度予算案は、過去最大の規模とともに地方創生枠が新設されるなど、力強い経済成長を促す内容となっている。アベノミクスをさらに加速し、その効果を全国津々浦々に浸透させようとする安倍政権の強い意欲の表れと評価する。

 関西としては、特にリニア中央新幹線の大阪延伸に係る調査費用が盛り込まれたことを歓迎する。関経連では今後も、全線同時開業に向けて、関係各所に働きかけていく。

 財政規律の観点では、基礎的財政収支の赤字を2010年度のGDP比で半減させる目標を達成する見込みであることを高く評価する。政府には今後、2020年度の黒字化に向けて経済成長と財政規律を両立させる実効的な財政再建計画を策定いただきたい。


以  上
ページの先頭に戻る