トップページ > 公表資料 > 会長コメント > 「骨太の方針」閣議決定に関するコメント(リニア中央新幹線全線同時開業推進協議会)

会長コメント 2016

「骨太の方針」閣議決定に関するコメント(リニア中央新幹線全線同時開業推進協議会)

2016/06/02
リニア中央新幹線全線同時開業推進協議会
代表  松 井 一 郎
代表  森   詳 介


 本日閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2016」(骨太の方針)において、リニア中央新幹線全線の整備促進とそのための財政投融資活用等の検討が明記されたことを歓迎する。

 リニア中央新幹線は東西ニ極を結ぶ重要な幹線インフラであり、東京から大阪までの全線を結んではじめてその機能を十分に発揮しうる。財政投融資の活用で8年の前倒しが可能になると報じられているが、さらなる前倒しを目指していただきたい。

 そのために、政府には、できるだけ早く公的支援策を具体化して実行に移すことを求めたい。
 地元関西としても、政府・JR東海と課題を共有しながら、官民一体で最大限の協力ができるよう検討してまいる。

 今後、着工済みの東名間の建設工事が円滑に進み、名阪間の建設も速やかに着手されることを期待している。

以  上
ページの先頭に戻る