トップページ > 公表資料 > 会長コメント > 関西電力(株)電気料金の値下げに関するコメント

会長コメント 2017

関西電力(株)電気料金の値下げに関するコメント

2017/07/11
公益社団法人関西経済連合会
会長  松 本 正 義


 関西電力(株)は、高浜発電所3、4号機の本格運転の再開をうけ、8月1日から電気料金の値下げを実施することを発表した。

 電気料金値下げの効果が関西の需要家に波及し、関西全体の経済を後押しすることが期待され、今回の値下げを歓迎する。

 国のエネルギー基本計画において、原子力は、運転コストが低廉で変動も少なく、運転時には温室効果ガスの排出もないことから、安全性の確保を大前提に、エネルギー需給構造の安定性に寄与する重要なベースロード電源であると位置づけられている。

 関経連としても、安全性を大前提とした上で、低廉で安定的な電力供給のために、また、わが国の温室効果ガス排出削減目標を達成するために、原子力発電の活用は不可欠であると考えている。

 今後、安全が確認された他の原子力発電所についても、順次再稼働させる必要がある。

 政府には、そのためにいっそうのリーダーシップを発揮していただきたい。

以  上
ページの先頭に戻る