トップページ > 公表資料 > 会長コメント > 「第5次エネルギー基本計画」の閣議決定に関するコメント

会長コメント 2018

「第5次エネルギー基本計画」の閣議決定に関するコメント

2018/07/03
公益社団法人関西経済連合会
会長  松 本 正 義


 本日、「第5次エネルギー基本計画」が閣議決定された。

 わが国のエネルギー政策の基本方針である「S(安全性)+3E(安定供給、経済効率性、環境適合性)」の観点が改めて確認され、2030年度のエネルギーミックスの実現に向けてバランスがとれた内容となっており、評価している。

 これまでと同様に原子力が「重要なベースロード電源」に位置付けられたことを評価したい。一方、当会がこれまで要望してきた新増設・リプレース等の方針については明記が見送られた。長期的なエネルギーミックスを実現するためにも、継続課題として検討していただきたい。

 新たに「主力電源」に位置づけられた再生可能エネルギーについては、FIT制度による高コスト構造や系統制約等の課題克服に向けて抜本的に見直す方針が示された。再生可能エネルギーの利用促進と国民負担抑制を両立する具体的な施策に期待したい。

 政府には、基本計画に盛り込まれた内容を着実に実行するとともに、2050年に向けた開発目標やエネルギー選択など、残された課題の検討も速やかに進めていただきたい。あわせて、国民のエネルギー政策に対する理解促進にも、引き続き取り組んでいただきたい。

以  上
ページの先頭に戻る