地域サポーター制度について

 関経連は、関西2府8県の地域の実情や要望事項の把握、当会事業との関係強化を図ることを目的に、14名の各副会長が10府県それぞれを担当する「地域サポーター制度」をつくり、自治体、経済団体、地域企業との交流を図りながら、各地域のニーズに応じた活動を展開しています。

◆地域別担当副会長(2015年10月現在)

地 域 担当副会長
福井県  大坪副会長
三重県  松本副会長
滋賀県  沖原副会長
京都府  柏原副会長
大阪府  寺田副会長
兵庫県  角副会長・佐藤副会長
奈良県  山口副会長・牧野副会長
和歌山県  松下副会長・坂元副会長
徳島県  岡本副会長・大竹副会長
鳥取県  井上副会長


各府県担当副会長からのメッセージ

各府県をそれぞれ担当している副会長から、それぞれの府県に対するメッセージ
(副会長の画像をクリックすると、メッセージが表示されます)

福井県


福井県担当
大坪 清副会長
(レンゴー株式会社
会長兼社長)

○福井県は、県民の平均寿命、失業率の低さ、女性の社会進出の割合など、
 さまざまなランキングにおいて全国トップクラスであり、「幸福度総合ランキング」
 では1位になるなど、魅力あふれる県です。


○当社も、県内に3つの生産拠点(製紙、段ボール、セロファン)と研究所を
 有しており、極めて重要な地域と位置付けています。


○今後も福井がますますその魅力を増し、「日本一幸福な県」であり続けられるよう、
 微力ながら貢献していく所存です。

三重県


三重県担当
松本正義副会長
(住友電気工業株式会社 
社長)

○三重県は、2013年の伊勢神宮式年遷宮や2016年開催の伊勢志摩サミットにより、
 国内外から注目を集めています。


○その三重が世界に誇る強みとしては、豊かな歴史・伝統や美しい自然にとどまらず、
 自動車産業や航空宇宙産業など製造業の集積が挙げられます。
 住友電工グループでも、県内に住友電装本社をはじめ多くの拠点を構えています。


○今後サミットによる経済波及効果が期待されますが、関経連としましても、
 観光面・産業面での活動等を通じて地域の盛り上げに貢献してまいります。

滋賀県


滋賀県担当
沖原隆宗副会長
(株式会社三菱東京UFJ銀行
特別顧問)

○滋賀県は、わが国最大の湖にして世界有数の古代湖でもある琵琶湖をはじめとする
 豊かな自然環境のもとに歴史と文化を育んできた地域であり、国宝・重要文化財
 の数は全国第4位を誇っています。


○現在は全国屈指のモノづくり県であるとともに、水環境保全技術についての
 評価は高く、世界の注目を集めています。


○これらの他地域にない強みを持ち、魅力溢れる滋賀の発展を関経連も応援して
 まいります。

京都府


京都府担当
柏原康夫副会長
(株式会社京都銀行
取締役相談役)

○京都市が世界の人気都市を決めるランキングで2年連続1位に選ばれるなど、
 京都府は、世界で最も魅力的な観光地として関西・日本のインバウンドを牽引
 しております。


○2015年7月には京都縦貫自動車道の全線開通により、日本海に面する京都府北部
 地域へのアクセスが飛躍的に向上し、「海の京都」の新たな魅力が楽しめる環境も
 整いました。


○さまざまな魅力が楽しめる京都へのご訪問をお待ちしています。

大阪府


大阪府担当
寺田千代乃副会長
(アートコーポレーション
株式会社
社長)

○大阪府は、古くから政治・経済・文化の中心として栄え、江戸時代には「天下の
 台所」と呼ばれるほどに繁栄してきた、輝かしい歴史を誇る都市です。


○関経連では現在、『はなやか関西』を関西のブランドイメージとして掲げ、関西
 を世界に発信すると同時に、東アジアをはじめ、世界からの観光集客に取り組ん
 でいます。その中で、未来の大阪も「はなやか」で魅力あふれる場所であり続け
 られるよう、大阪サポーターはお手伝いしていきたいと考えています。

兵庫県


兵庫県担当
角和夫副会長
(阪急電鉄株式会社
会長)

○私が生まれ育った兵庫県は、北は日本海、南は瀬戸内海に面し、地域ごとに
 たくさんの魅力にあふれています。


○日本で初めて世界遺産に登録された「姫路城」、世界最長のつり橋「明石海峡
 大橋」、世界的漫画家「手塚治虫」を紹介する「手塚治虫記念館」など、世界に
 誇るスポットが数多くあります。


○食の面では、神戸や但馬の牛肉、淡路島のたまねぎ、灘五郷の日本酒と、
 味わい深い一品がそろっています。観光・食ともバラエティ豊かな兵庫県に
 足を運んでみてください。

兵庫県


兵庫県担当
佐藤廣士 副会長
(株式会社神戸製鋼所
会長)

○20年前の阪神・淡路大震災からの復興を成し遂げた兵庫県では、震災の経験と教訓を
 日本のみならず世界に発信しています。


○阪神・淡路大震災の復興事業としてスタートした神戸市の「神戸医療産業都市」は、
 スーパーコンピューター「京」のほか、多くの研究機関や医療関連企業が立地し、
 日本最大の医療クラスターに成長しました。


○兵庫県は、関西そして日本経済の成長の牽引役として、これからもますます発展
 していきます。

奈良県


奈良県担当
山口昌紀副会長
(近鉄グループホールディングス
株式会社
取締役相談役)

○古来、奈良には多くの文化が生まれ、全国へ広まっていきました。例えば、
 「芝居」という言葉は、春日大社の芝の上で、人々が奉納される歌舞音曲を
 観覧していたことに由来するとも言われています。古くからあるものを大切に
 しつつ、新たなものを生み出し続けることで歴史は重みを増していきます。


○歴史に彩られた私のふるさと奈良県の魅力発信に取り組んでまいります。

奈良県


奈良県担当
牧野明次副会長
(岩谷産業株式会社
会長兼CEO)

○奈良は日本文化の源流であり、寺社仏閣など貴重な文化遺産や伝統行事が数多く
 残っております。また、少し足を伸ばせば、大台ケ原など素晴らしい大自然に
 触れ合うこともできます。


○関経連では、仏像を3D映像化してデジタルアーカイブを作成したり、海外向けPR
 サイトを制作しています。


○今後も、奈良県が有する素晴らしい歴史文化遺産や雄大な自然と、けいはんなの
 最先端技術をコラボレートさせて、国内外に奈良の魅力を発信してまいります。
 

和歌山県


和歌山県担当
松下正幸副会長
(パナソニック株式会社
副会長)

○関経連では国際担当を16年、和歌山サポーターを7年務めております。


○和歌山県は祖父松下幸之助の生誕の地というご縁で毎年墓前にお参りに行って
 います。


○グローバルなレベルで都市間競争が激化しています。和歌山が有する温暖な気候、
 豊かな食材、国際空港に近いなどの「強み」を海外に向け発信したり、和歌山で
 学ぶ海外留学生との交流の場を作るなど、国際担当として、和歌山県の発展に
 貢献してまいります。

和歌山県


和歌山県担当
坂元龍三副会長
(東洋紡株式会社
会長)

○和歌山県には、世界遺産である「高野・熊野」、日本ジオパークに認定された
 「南紀熊野ジオパーク」など、数多くの自然や文化遺産が存在し、魅力にあふれて
 います。


○当社も、2006年からCSR活動の一環として、和歌山県が実施している森林環境
 保全活動「企業の森」の活動に参画させていただいています。


○今後も和歌山の自然・文化をはじめとする魅力発信に微力ながら貢献していく
 所存です。

徳島県


徳島県担当
岡本圀衞副会長
(日本生命保険相互会社
会長)

○徳島県には、世界に誇る伝統芸能である「阿波おどり」や、「鳴門の渦潮」、
 「うだつの町並み」、四国八十八ヶ所めぐりの起点となる「霊山寺」など、
 数多くの見どころがあります。


○当社は、大正8年(1919年)に出張所を開設以降、約100年にわたり、しっかり者の
 阿波女が中心になって地域に根差した活動に取り組んでいます。


○徳島は妻の出身地でもあり、現在でも頻繁に訪問し、毎回、沢山のお土産を購入
 しています。特に、鳴門金時やレンコン、すだち、そして豊富な海の幸などを
 気に入っています。徳島サポーターとして、「観光資源の宝庫」徳島の魅力を
 発信していきます。

徳島県


徳島県担当
大竹伸一副会長
(西日本電信電話株式会社
相談役)

○徳島県は、高輝度な「青色LED」発祥の地であり、今では100社以上のLED関連
 企業が集積する、世界屈指のLED先進地域として注目を浴びています。 


○また、地方創生に向けて「vs東京」をコンセプトに、「徳島に存在する東京に
 勝てる価値」を、改めて探して、磨き、アピールしていこうと必死に取り組んで
 います。 


○徳島サポーターは、進化し続け、日本の一番星となることをめざす徳島の魅力を
 発信していきます。

鳥取県


鳥取県担当
井上礼之副会長
(ダイキン工業株式会社
会長)

○鳥取県は、日本海や大山など豊かな自然に恵まれており、カニの水揚げ量や
 二十世紀梨の生産量が日本一の「食のみやこ」です。大阪から鳥取市へは2時間半
 であり、多くの魅力的な観光地に気軽に行くことができます。


○当社では、2008年、鳥取市内にグローバル研修所「ダイキンアレス青谷」を
 設立し、鳥取にて研鑽を積んだ人材が世界中で活躍しています。


○また、平井知事と定期的に面談しており、鳥取の魅力の発信や関経連事業との
 連携を深めるために今後も取り組んでいく所存です。

ページの先頭に戻る