トップページ > TOPICS一覧 > 2007 > アジア開発銀行(ADB)京都総会

TOPICS

アジア開発銀行(ADB)京都総会

2007年5月15日

アジア開発銀行(ADB)の第40回年次総会が、5月4日から7日まで、京都市で開催されました。ADB加盟国・地域の67か国の財務大臣、中央銀行総裁など約3千人が参加し、拡大する貧富の格差、環境問題、地域協力の推進などアジア・太平洋地域の将来の課題について意見交換しました。その結果、「貧困のみならず幅広い課題に対応した長期戦略の見直しが必要」との賢人会議の提言を受け、持続可能な成長を実現するため、環境に配慮した資源・エネルギー利用へのより積極的な支援が必要であることに合意しました。日本としては、「アジアクリーンエネルギー基金」と「投資環境整備基金」を創設するため、政府は5年間で最大1億ドルを拠出する意向を尾身財務大臣が表明しました。 4日には地元主催によるレセプションを開催し、秋山関経連会長、山田京都府知事、立石実行委員長らが、ADB黒田総裁、尾身財務大臣などのゲストをお迎えしました。

ページの先頭に戻る