トップページ > TOPICS一覧 > 2007 > 平松大阪市長へ市政について要望

TOPICS

平松大阪市長へ市政について要望

2007年12月27日

12月27日、「大阪新市政に望む」と題する要望をとりまとめ、平松市長に建議いたしました。要望では、大阪市を活力と魅力ある都市にするための将来ビジョンや具体策を「新・大阪活性化戦略(平松ビジョン(仮称))」として早急に取りまとめ、その実現に全力をあげることを求めています。具体的には、(1)市政改革の加速による効率的・効果的な行政の実現、(2)新産業創出や超過課税見直し、経済を支える「インフラ整備」による経済活力の強化・向上、(3)アジアと関西をつなぐ交流拠点としての大阪駅北地区開発推進に向けた力強いリーダーシップの発揮等、を重点課題として掲げました。平松市長からは、(1)情報開示の徹底、不透明な慣行の見直し、負の遺産処理などを進めつつ、市民パワーの発揮による大阪の再生、ひいては関西全体の活性化に全力をあげて取り組んでいく、(2)関経連の力強い支援を期待する、との発言がありました。

ページの先頭に戻る