トップページ > TOPICS一覧 > 2008 > 都市再生 阪神なんば線見学会を実施

TOPICS

都市再生 阪神なんば線見学会を実施

2008年5月22日

5月21日(水)午前・午後の2回、来春開通予定の阪神なんば線の現場見学会を開催し、計74名が参加しました。大阪ドーム内グリンルームでの阪神電気鉄道・坂井社長の挨拶、久保田・運輸部部長の事業概要・工事進捗説明の後、新線建設設現場の見学をしました。工事中のドーム前駅を地下5階のホームまで下り、ドーム前駅~九条駅の線路上を往復して、両駅や工事の特徴の詳細説明を受けました。両駅とも既存の地下鉄線との接続駅となるため、駅間距離は300mと短いものの、高低差が10mある傾斜の急な区間であり、参加者は深さや傾斜を体感しながら見学しました。来春の開通が待たれます。

ページの先頭に戻る