トップページ > TOPICS一覧 > 2008 > 組込みソフト産業推進会議

TOPICS

組込みソフト産業推進会議

2008年6月11日

6月5日(木)組込みソフト産業推進会議第2回総会が開催され、約130名が出席しました。宮原秀夫会長(情報通信研究機構・理事長)が開会挨拶し、八尋俊英氏(経済産業省・商務情報政策局情報処理振興課長)にご来賓の挨拶をいただきました。議事に入る前に、大竹伸一幹事長(西日本電信電話・副社長)より2007年度の活動報告があり、宮原会長が議長を務めた議案審議は満場一致で承認されました。最後に、全部会長が壇上に上がり、今年度の抱負を語りました。記念講演では阿草清滋・名古屋大学大学院情報科学研究科教授が「組込みソフトウェア技術―中部産業と関西産業―」と題してご講演くださりました。引き続き開催されたET-Westとの合同レセプションパーティーは、250名を超える参加者があり、和やかな雰囲気のもと活発な交流が行われ盛況のうちに閉会しました。

ページの先頭に戻る