トップページ > TOPICS一覧 > 2009 > 京阪神高速道路整備促進協議会を設立

TOPICS

京阪神高速道路整備促進協議会を設立

2009年3月31日 20090331.jpg
3月27日(金)、大阪市内のホテルにおいて、京阪神高速道路整備促進協議会の設立総会が開催されました。同協議会は経済界および沿線の自治体が一体となって、京阪神都市圏の高速道路をはじめ、関西全体の道路ネットワークの早期整備を促進することを目的とするものです。

同協議会の構成は、京都府・大阪府・兵庫県知事、京都市・大阪市・堺市・神戸市長、京都・大阪・堺・神戸の商工会議所会頭および関経連会長が会員として、 近畿地方整備局長、西日本・阪神高速道路会社会長がオブザーバーとして参画します。当日は、橋下大阪府知事、平松大阪市長、野村大阪商工会議所会頭らが出 席されました。同協議会の設立案・規約案が承認され、関経連・下妻会長が協議会会長に就任しました。また、今後、関西にとって長年の懸案である道路ネット ワークのミッシングリンクの解消と事業中の道路整備の促進に向けた取り組みを協力して進めていくことなどを確認しました。
ページの先頭に戻る