トップページ > TOPICS一覧 > 2009 > 2009年関西財界訪中代表団を派遣

TOPICS

2009年関西財界訪中代表団を派遣

2009年4月27日

20090427.jpg
4月12~15日、大商、京商、神商、同友会、関経協、日中経済貿易センター、日中経済協会関西本部とともに関西財界訪中代表団(共同団長:下妻関経連会 長、野村大商会頭)を派遣した。関西経済界は日中国交正常化前の1971年を皮切りに、概ね5年ごとに訪中代表団を派遣しており、今回は7年ぶりの派遣と なった。

中国と関西の経済交流拡大に向けて、王岐山副総理や李源潮中国共産党中央組織部長、楊潔篪外交部長、陳徳銘商務部長など国家指導者や政府首脳および日本大使館、進出日系企業との懇談を行った。  また、表敬訪問とあわせ現地で「中国・関西水環境フォーラム」を実施。関西の自治体や企業が持つ世界でもトップクラスの節水技術や水質改善技術をアピールし、中国側90名、日本側120名の計210名が参加した。

ページの先頭に戻る