トップページ > TOPICS一覧 > 2009 > 第4回けいはんな光医療産業バレー拠点創出シンポジウムの開催

TOPICS

第4回けいはんな光医療産業バレー拠点創出シンポジウムの開催

2009年11月17日 IMG_1880%282%29.jpg
10月29日(木)、関西文化学術研究都市推進機構、日本原子力研究開発機構光医療研究連携センター、けいはんなと共催で、「ここまで進んだ!がん治療」をテーマに、けいはんなプラザにて開催、約220名が参加。  兵庫県立粒子線医療センター名誉顧問・阿部光幸氏による、「最先端の粒子線治療」と題した基調講演の後、特別講演として、日本原子力研究開発機構関西光科学研究所長・河西俊一氏より、「光医療産業バレー創出拠点プロジェクトが拓く未来」と題し、プロジェクトの現状について説明があった。午後の部では、粒子線治療以外の、化学療法、外科治療、放射線治療、ハイパーサーミア(温熱治療)免疫療法等最先端のがん治療方法や、京都府のがん治療戦略についての説明があった。
ページの先頭に戻る