TOPICS

2009

関経連インドネシア使節団、インドネシア政府要人等と会談

2009年11月20日 IMG_1880%282%29.jpg
関経連では11月8日~12日にインドネシア使節団(団長:下妻会長)を派遣。ジャカルタ滞在期間中、ブディオノ副大統領、ハッタ経済担当調整大臣、ヒダヤット工業大臣、マリ商業大臣と懇談し、関西・日本とインドネシアの関係強化等について意見交換を行った。また、昨年6月に設立された国際機関「東アジア・ASEAN経済研究センター(ERIA)」と協力合意書(MOU)を締結、環境・省エネ分野における人材育成等に関して、交流・連携を強化していくこととした。

第4回けいはんな光医療産業バレー拠点創出シンポジウムの開催

2009年11月17日 IMG_1880%282%29.jpg
10月29日(木)、関西文化学術研究都市推進機構、日本原子力研究開発機構光医療研究連携センター、けいはんなと共催で、「ここまで進んだ!がん治療」をテーマに、けいはんなプラザにて開催、約220名が参加。  兵庫県立粒子線医療センター名誉顧問・阿部光幸氏による、「最先端の粒子線治療」と題した基調講演の後、特別講演として、日本原子力研究開発機構関西光科学研究所長・河西俊一氏より、「光医療産業バレー創出拠点プロジェクトが拓く未来」と題し、プロジェクトの現状について説明があった。午後の部では、粒子線治療以外の、化学療法、外科治療、放射線治療、ハイパーサーミア(温熱治療)免疫療法等最先端のがん治療方法や、京都府のがん治療戦略についての説明があった。

伝統芸能連続講座を開催

2009年11月11日 IMG_1880%282%29.jpg
関西発祥の伝統三芸能である「能楽・文楽・歌舞伎」を活かし、関西の魅力アップを図るための活動として、4回シリーズの伝統芸能講座を開催。 第1回(10月14日)は立命館大学文学部教授赤間亮氏より、三芸能の源泉や歴史の講義を受け、三芸能に共通する演目の上演映像をみながら、各々の特徴について解説を聞いた。 第2回(10月28日)は能楽ジャーナリスト石淵文榮氏より、能面の解説をはじめ、大阪縁の演目をとりあげ、能の楽しみ方について講話を聞いた。 第3回(11月12日)は文楽、第4回(11月25日)は歌舞伎の楽しみ方について講義を聞く予定である。

クリス関西2009の中核事業 クリエイティブビジネス・マーケット「大阪創造取引所」開催!

2009年11月 6日 IMG_1880%282%29.jpg
10月27(火)~28(水)の2日間、関経連、近畿経済産業局他共催により、CrIS関西2009の中核事業であるクリエイティブビジネス・マーケット「大阪創造取引所」を、堂島リバーフォーラムにて開催し、約2,300名の参加者を得た。
本イベントでは53のクリエイティブ系企業・団体が優れたコンテンツ、デザイン、先端技術、アイデアを活用したデバイス等を展示し、また、商談コーナー"バイヤーズステージ"には運輸・住宅、教育・出版や外食産業などバラエティ溢れる企業34社が集まり、前回を上回る約300件の商談が行われ、出展者、バイヤー双方から、中身の濃い商談であったと好評を得た。

ロイトハルト・スイス副大統領兼経済大臣との懇談会を開催

2009年11月 4日 IMG_1880%282%29.jpg
10月8日(木)、ロイトハルト・スイス副大統領兼経済大臣および、スイス経団連幹部をはじめとする訪問団が関西を訪問し、関西の経済5団体主催による懇談会を開催した。田嶋関経連国際委員会委員長の挨拶に続き、ロイトハルト副大統領とビューラー・スイス経団連会長が挨拶し、スイスと関西の経済交流の強化に向け、意見交換を行った。また、今回の訪問を機会に、スイス経団連と関経連の間で継続的な交流を図っていくことで合意した。当訪問団は、今年9月1日に発効した日・スイス経済連携協定の活用推進と両国の経済協力関係の強化を目的に来日したものである。

産学交流会を開催

2009年10月30日 IMG_1880%282%29.jpg
10月19日(月)、関西生産性本部、NPO法人関西社会人大学院連合(以下、大学院連合)との共催。関西の主要大学の呼びかけと経済界等の支援により2007年に設立された大学院連合の事業の説明および経済界との意見交換の場として開催された。 定藤・大学院連合運営部会長(関西学院大学 副学長)が、大学院連合の意義・目的と事業報告を行った後、三好・大学院連合運営分科会委員長(立命館大学 大学院 経営管理研究科教授)の進行により、意見交換を行った。企業側からは、人事や営業の現場の課題を反映した実践的な講座の要望やターゲットを絞った効果的な広報についての意見が出された。

藤井財務大臣との意見交換会を開催

2009年10月26日 IMG_1880%282%29.jpg
10月15日(木)、財務省からは藤井財務大臣、大串財務大臣政務官ほか財務省幹部が、経済界からは下妻関経連会長・玉越副会長、小嶋大商副会頭・北税制委員長、中野同友会代表幹事・更家常任幹事ほかが出席し、関西経済の現状や政府の経済政策のあり方などについて意見交換を行った。 経済界からは、中小企業を中心とした足下の関西の厳しい景況感を紹介し、景気への政策運営面での配慮や、税財政の抜本改革の実現、研究開発や設備投資の税制面での後押し、必要な社会資本の整備などを要望した。

米国経済調査団を派遣

2009年10月20日 IMG_1880%282%29.jpg
関経連は2009年9月、松下副会長・国際委員長を団長とする経済調査団を、米国のワシントンD.C.とサンフランシスコに派遣した。ワシントンD.C.では、日本の鳩山新政権の誕生、米国オバマ政権の経済・通商政策、気候変動問題に関する政策(環境・省エネ、新エネルギー)を中心に米国政府関係者、シンクタンク、経済界などと懇談・意見交換を行った。サンフランシスコでは、シリコンバレーの先進的なクリーンテック(環境への負荷が少なく、エネルギー効率の高い技術)・ベンチャーと懇談するとともに、企業視察も実施した。

西日本経済協議会 第51回総会を開催

2009年10月 9日 IMG_1880%282%29.jpg
関経連をはじめ、中国、北陸、中部、四国、九州の6つの経済連合会で構成する西日本経済協議会は、10月7日、JALリゾートシーホークホテル(福岡市)において、「経済社会の変革と活力ある地域の創造-危機を飛躍の好機に~西日本からの提言~」をテーマに、第51回総会を約160名の出席を得て開催した。各経済連合会会長による意見発表と討議を行い、①産業の振興・育成と成長力基盤の強化、②地方分権改革・道州制の推進、③変化する経済社会への対応、の3点について決議を採択。今後、政府などに建議する予定である。

けいはんな特別フォーラムを開催

2009年10月 1日 IMG_1880%282%29.jpg
9月15日(火)、関西文化学術研究都市推進機構と共催で特別フォーラム「飛躍する植物工場~技術革新とビジネスの最前線」を開催し、188名が出席した。大阪府立大学 大学院生命環境科学研究科 村瀬治比古教授から、「国家プロジェクト植物工場の将来展望」と題して話を伺い、引き続き、九州電力株式会社、エスペックミック株式会社、丸紅株式会社、日本植生株式会社から、人工光、生産施設、培地、機能性野菜等の最先端技術と各社の取り組み内容について報告が行われた。 施設内で植物の生育に必要な環境を整え、農産物を高い生産性で栽培する植物工場には、新産業としての期待が高まっており、ビジネスマッチングを目的として開催した交流会には約80名が参加し、活発な情報交換を行った。

1 2 3 4

ページの先頭に戻る