トップページ > TOPICS一覧 > 2010 > 2010年日本APECシンポジウム in 大阪を開催

TOPICS

2010年日本APECシンポジウム in 大阪を開催

2010年7月29日 IMG_1880%282%29.jpg
7月22日(木)、外務省、経済産業省およびPEO(太平洋経済展望)日本委員会と共催で、「アジア太平洋地域の持続的成長に向けて、関西からのメッセージ」をテーマに、リーガロイヤルホテルにて開催し、約140人が参加した。
まず、松下正幸副会長が開会挨拶を行い、引き続き、平松賢司外務省審議官、塩田誠経済産業省審議官、マーク・ウォール米国大使館経済担当公使が基調講演を行った。その後、基調講演の3名に、イブヌ・ハディ在大阪インドネシア共和国総領事、森本泰生ABAC日本委員(東芝顧問)、桑山信雄国際委員会副委員長を加え、稲田義久PEO日本委員(甲南大学経済学部教授)をモデレーターに「アジア太平洋地域の持続可能な成長(グリーン成長)に向けた日本および関西の役割」をテーマにパネルディスカッションが行われ、関西の環境技術を活かし、アジア太平洋地域の低炭素社会実現に向けていかに貢献するかについて議論が行われた。
ページの先頭に戻る