トップページ > TOPICS一覧 > 2010 > 若年者雇用対策奨励金の説明会を実施

TOPICS

若年者雇用対策奨励金の説明会を実施

2010年10月18日 top100804entame.JPG
10月15日(金)、9月に緊急雇用対策の一環として実施が決定された新卒者雇用のための奨励金について、阿部誠・大阪労働局職業安定課課長補佐による説明会を実施し、約80名が参加した。
「3年以内既卒者トライアル雇用奨励金」は、卒業後3年以内の既卒者を正規雇用へ向けて育成するために有期で雇用し、その後正規雇用へ移行させる事業主に対し奨励金を支給するもの。
また、「3年以内既卒者(新卒扱い)採用拡大奨励金」は、卒業後3年以内の大卒者等を対象とする新卒求人を提出し、当該既卒者を正規雇用する事業主に対し、正規雇用での雇入れから6カ月経過後に100万円の奨励金を支給するものである。
いずれも平成23年度までの時限付きでハローワークへの求人申込が必要となっている。
なお、10月8日(金)にも同内容の説明会を実施し、約80名が参加した。
※奨励金制度の詳細・申込方法は、管轄のハローワークまで。
ページの先頭に戻る