トップページ > TOPICS一覧 > 2010 > 櫻井財務副大臣と関西経済3団体との意見交換会を開催

TOPICS

櫻井財務副大臣と関西経済3団体との意見交換会を開催

2010年11月26日 top100804entame.JPG
11月22日(月)、大商、同友会との共催により、櫻井充・財務副大臣、木下康・総括審議官をはじめとする財務省幹部との意見交換会を開催した。経済界からは、下妻関経連会長、玉越関経連副会長、佐藤大商会頭、倉持大商副会頭、山中・大竹同友会両代表幹事ほかが出席した。
経済界からは、足下の円高などによる空洞化対策、中期的視点からの法人税負担の軽減、成長に資するインフラ整備や環境分野への重点的な予算配分などを要望した。
櫻井副大臣も、成長分野に財政出動して中期的視点で税収を増やすことが重要、阪神港の整備や税制抜本改革などについて議論している、と応じた。
ページの先頭に戻る