トップページ > TOPICS一覧 > 2011 > 第1回最新中国法実務セミナーを開催

TOPICS

第1回最新中国法実務セミナーを開催

2011年2月 1日 topix.JPG
1月27日(木)、大阪国際会議場にて大阪弁護士会国際委員会との共催で、約130名の参加を得て開催した。
当日は、弁護士法人淀屋橋・山上合同 藤本一郎弁護士より「中国法の体系、中国の訴訟手続の特徴」について、弁護士法人梅ヶ枝中央法律事務所 三好吉安弁護士より「中国契約法の特徴、債権管理」についてご講演いただいた。日本法と中国法における担保権とその手続きの相違点など実際にビジネスをする際の留意点についてわかりやすく解説していただき、講演後は次回の講師を含めた4名で、ミニパネルディスカッションも行われた。
次回は、2月24日に「中国への進出・撤退(会社法)、コンプライアンス(労働法等)、中国の不動産制度の概要」をテーマに開催する。

ページの先頭に戻る