トップページ > TOPICS一覧 > 2011 > 大阪労使会議を開催

TOPICS

大阪労使会議を開催

2011年2月24日

top110224osakaroushikaigi.JPG
 2月18日(金)、連合大阪との共催にて開催。連合大阪から川口会長、6名の副会長ほか役員が、関経連から下妻会長、牧野副会長、山田・労働政策委員長、竹本・労働政策副委員長ほか役員が出席した。
 会議では、「2011年連合大阪の春闘方針」について、多賀・連合大阪事務局長が「労働条件の復元」と「非正規労働者の待遇改善」を通じて格差是正をめざすと説明した。また意見交換では、連合大阪が有期労働契約の規制強化に理解を求める一方で、当会からは、一律的な法規制による中小企業への多大な影響を考慮すべきとの意見が出されたほか、日本の製造業が急速に競争力を失っていることへの危機感などが表明された。
 会議は日本・関西の発展のために両団体が今後も知恵を出し合うことで締めくくられた。

(参考)大阪労使会議「若年者雇用問題研究会」

ページの先頭に戻る