トップページ > TOPICS一覧 > 2012 > 地方分権改革シンポジウムを開催

TOPICS

地方分権改革シンポジウムを開催

2012年5月11日 top110224osakaroushikaigi.JPG
5月7日(月)地方分権改革シンポジウム「国出先機関移管の実現と地域の自立」を経団連、九経連、経済同友会、関西広域連合、九州地方知事会との共催により東京都内で開催した。前総務大臣の片山善博慶大教授による基調講演が行われ、続くパネルディスカッションでは、井戸敏三関西広域連合長が地方分権改革の意義を強調し、村上仁志関経連地方分権委員長が府県の枠や省庁の縦割り行政の弊害を指摘するなど、活発な議論が行われた。
ページの先頭に戻る