トップページ > TOPICS一覧 > 2012 > 「関西での首都機能バックアップ構造の構築に関する意見」を政府に要望

TOPICS

「関西での首都機能バックアップ構造の構築に関する意見」を政府に要望

2012年6月20日 top110224osakaroushikaigi.JPG
6月20日(水)、沖原関経連副会長・首都機能検討特別委員会委員長は井戸関西広域連合長(兵庫県知事)とともに、藤村修内閣官房長官、中川正春内閣府特命担当大臣(防災担当)に対し、関西における首都機能バックアップ構造の構築に関する意見を手交した。
意見書は、①首都機能の関西における具体的な代替対応の明確化、②国全体の事業継続計画(BCP)策定とその推進、③バックアップ構造の構築の法律等への明記、④皇室の安心・安全、⑤民間企業等のバックアップ構造の構築等、⑥首都機能バックアップの平時の備え、⑦国土の双眼構造の構築の7点の提案項目があり、関西広域連合、関経連のほか、京都、大阪、神戸各商工会議所の連名で提案した。
意見書本文はこちら
ページの先頭に戻る