トップページ > TOPICS一覧 > 2012 > 関経連 ミャンマー・タイ経済調査団を派遣

TOPICS

関経連 ミャンマー・タイ経済調査団を派遣

2012年10月17日 top110224osakaroushikaigi.JPG
10月7日(日)~13日(土)に、松下副会長・国際委員長を団長に19名で構成する訪問団をミャンマー(ヤンゴン・ネピドー)、タイ(バンコク)に派遣した。
ミャンマーでは、サイ・マウ・カン副大統領などの政府要人と、経済開発の方向性や日本の協力可能性について懇談を行った。10日(水)には、ミャンマー商工会議所連合会(UMFCCI)と協力合意書を新たに締結し、産業人材の育成をはじめ、経済・貿易協力と人的交流の促進に取り組んでいくこととした。
タイでは、政府要人やタイ工業連盟(FTI)などと経済状況やミャンマーへの開発協力を含む民間経済協力に関して意見交換するとともに、昨年の洪水被害を受けたナワナコン工業団地を視察した。
ページの先頭に戻る