トップページ > TOPICS一覧 > 2012 > 小嶋がんこフードサービス会長を講師に関西起業塾(第3回)を開催

TOPICS

小嶋がんこフードサービス会長を講師に関西起業塾(第3回)を開催

2012年12月13日 top110224osakaroushikaigi.JPG
 12月8日(土)、東日本大震災復興支援の一環として、これからの東北経済を担う新しい経営人材の育成を目的に、東北大学大学院経済学研究科地域イノベーション研究センターとの共催で、東北大学片平キャンパス(仙台市)にて関西起業塾を開催した(9月15日、10月13日に続いて3回め)。
 今回は、がんこフードサービス会長で大商副会頭を務める小嶋淳司氏が「食の商いを通じて学んだこと」と題して講義を行った。17歳で商売の世界に飛び込んでからのさまざまな経験や出会いをもとに積み重ねた、「どこよりも良いものをどこよりも安く」「学問とは理念である」「苦しい時期というのは好転する直前である」「他人があきらめる時にあきらめないことが成功につながる」といった、小嶋会長自身の経営哲学が紹介された。
 また、講義後の受講生とのディスカッションでは、農業活性化に向けた発想転換の必要性や人材育成における工夫等について、活発な意見交換が行われた。

ページの先頭に戻る