トップページ > TOPICS一覧 > 2012 > 「若手経営幹部候補米国派遣プログラム2012」研修報告会を開催

TOPICS

「若手経営幹部候補米国派遣プログラム2012」研修報告会を開催

2012年12月19日 top110224osakaroushikaigi.JPG
 12月12日(水)、「若手経営幹部候補米国派遣プログラム2012」の研修報告会を開催した。
 本プログラムは30代を中心とする若手人材の育成事業として、起業家精神の涵養を目的に駐大阪・神戸米国総領事館との共催で昨年創設。今年度は会員企業から8名が参加し、米国西海岸での現地研修を含め、6月から半年にわたり研修を実施してきた。
 報告会には、リネハン総領事と松下副会長が出席。研修生は一連の研修のまとめとして、自らが変革者となり、自社や地域に革新をもたらすためのプランをそれぞれ発表した。各派遣元企業から出席した役員や上司は、研修での学びや異業種交流を通じて成長した研修生に対し、リーダーシップを発揮してぜひ各プランを実行に移してほしいと激励し、今後の活躍に期待を寄せた。
 本プログラムは来年度も実施する予定。

ページの先頭に戻る