トップページ > TOPICS一覧 > 2013 > 震災復興対策特別委員会 東日本大震災被災地を視察

TOPICS

震災復興対策特別委員会 東日本大震災被災地を視察

2013年7月26日 top110224osakaroushikaigi.JPG
 7月17日(水)~18日(木)、震災復興対策特別委員会は、蔭山委員長、小椋、辻両副委員長の参加のもと、復興段階における被災地ニーズの調査を目的に、宮城県気仙沼市、岩手県陸前高田市、大船渡市および釜石市を視察した。視察先では、自治体をはじめ商工会議所や復興商店街、民間企業等と意見交換した。
 自治体の市長からは、風化防止、観光振興、販路回復など、地域によって異なる課題が挙げられ、また、現地企業との意見交換からは、復興に向けて企業が果たすべき役割やBCPの重要性について示唆を得た。
 関経連は、今回の視察で得られた現地のニーズを踏まえ、引き続き、被災地の復興支援に積極的に取り組んでいく。
ページの先頭に戻る