トップページ > TOPICS一覧 > 2013 > 「コーポレート・ガバナンスに関するシンポジウム」を開催

TOPICS

「コーポレート・ガバナンスに関するシンポジウム」を開催

2013年9月26日 top110224osakaroushikaigi.JPG
 9月17日(火)、関経連は「コーポレート・ガバナンスに関するシンポジウム~わが国企業の自主的なコーポレート・ガバナンスの発展に向けて~」を開催し、420名が出席した。
 今回のシンポジウムでは、今後の会社法の見直しなどによって、主な課題になると考えられる非業務執行役員の活用のあり方について、基調講演やパネルディスカッションを通じて議論した。
 日本のガバナンスの制度や機能については、一律的な規制よりも企業の自主的なガバナンスの構築が重要であり、海外の投資家等に対し丁寧に説明し、理解を求めていかなければならないことで意見が一致した。
ページの先頭に戻る