トップページ > TOPICS一覧 > 2013 > 「けいはんな情報通信オープンラボシンポジウム2013」を開催

TOPICS

「けいはんな情報通信オープンラボシンポジウム2013」を開催

2013年12月12日 top110224osakaroushikaigi.JPG
 けいはんな情報通信オープンラボ研究推進協議会(事務局:関経連、情報通信研究機構、近畿総合通信局、関西文化学術研究都市推進機構)は、12月6日(金)、「けいはんな情報通信オープンラボシンポジウム2013」を、4年ぶりに東京で開催した。
 シンポジウムでは、「ロボティックサービスの最前線から未来へ」をテーマに、(株)国際電気通信基礎技術研究所の萩田所長、パナソニック(株)の北野チームリーダー、大阪大学の石黒教授より、ロボティックサービスの将来の展望、パナソニックで開発したサービス産業用ロボット「HOSPI(ホスピー)」の開発秘話、アンドロイドを通じて人間の存在感を遠隔地に送るメディアの研究について、それぞれ講演が行われた。当日は、石黒教授にそっくりなアンドロイドが講演するなど、参加者の注目を集めた。
ページの先頭に戻る