トップページ > TOPICS一覧 > 2013 > 赤羽経済産業副大臣と関西経済界との懇談会を開催

TOPICS

赤羽経済産業副大臣と関西経済界との懇談会を開催

2013年12月 4日 top110224osakaroushikaigi.JPG
 11月25日(月)、関西経済連合会をはじめとする関西経済7団体は、赤羽経済産業副大臣と懇談した。
 赤羽副大臣は、「10月に政府が発表した「経済政策パッケージ」により、企業収益の改善、投資の拡大、賃金の上昇と雇用の拡大、消費の拡大に繋げる「経済の好循環」を実現させることが重要である」と認識を述べ、賃上げについて経済界に要請した。これを受けて、森会長からは、「『経済政策パッケージ』は未来のための投資を促す内容であり、関西経済界として、政府の決断に心から敬意を表する」とした上で、「賃上げについては、個別企業ごとに判断すべきことであるが、副大臣からの要請を政府のメッセージとしてしっかり受け止め、趣旨をきっちりと会員企業に伝えたい」と応えた。
ページの先頭に戻る