トップページ > TOPICS一覧 > 2014 > 財務省幹部と関西経済3団体との意見交換会を実施

TOPICS

財務省幹部と関西経済3団体との意見交換会を実施

2014年11月11日 top110224osakaroushikaigi.JPG
 10月27日(月)、関経連は、大商、関西経済同友会とともに、財務省幹部との意見交換会を開催した。
 当会からは沖原副会長が、企業や自治体による東京一極集中の是正に向けた取り組みを支援するインセンティブの導入や、消費税率10%までの引上げと社会保障給付の適正化等を通じた財政健全化への早期の取り組みなどを要望した。
 宮下財務副大臣からは、地方創生に関しては自治体の主体的な取り組みが重要であり、これに加えて、民間の創意工夫も応援したいとの話があった。御法川財務副大臣からは、財政再建のためにも経済の好循環を実現させて、持続的な経済成長につなげる必要があり、関西経済界にもぜひ頑張っていただきたいとの発言があった。
ページの先頭に戻る