トップページ > TOPICS一覧 > 2015 > 関西高速道路ネットワーク推進協議会を設立

TOPICS

関西高速道路ネットワーク推進協議会を設立

2015年7月10日 top110224osakaroushikaigi.JPG
 6月30日(火)、大商、神商、関西経済同友会、大阪府、兵庫県、大阪市、神戸市とともに、関西圏の高速道路ミッシングリンク、特に大阪湾岸道路西伸部および淀川左岸線延伸部の整備を推進するため、「関西高速道路ネットワーク推進協議会」(代表:森詳介関経連会長)を設立した。東京での設立総会後、早期整備の必要性について理解を深め、機運醸成をはかるための決起大会を開催し、関西選出の国会議員を含め、約220名が参加した。
 大会終了後には、菅義偉内閣官房長官や太田昭宏国土交通大臣、谷垣禎一自由民主党幹事長など、政府・与党の幹部に対し要望活動を実施した。太田国土交通大臣は、「両路線は、渋滞緩和といった効果があるだけでなく、経済的な効果も大きいことから非常に重要である。費用がかかるとは聞いているが、事業化に向け頑張っていきたい」とコメントした。(要望書はこちら)
ページの先頭に戻る