トップページ > TOPICS一覧 > 2015 > 関西広域連合との意見交換会を開催

TOPICS

関西広域連合との意見交換会を開催

2015年8月 4日 top110224osakaroushikaigi.JPG
 7月23日(木)、関西広域連合との意見交換会を開催した。7回目となる今回は、当会からは森詳介会長をはじめ11名の正副会長が、関西広域連合からは井戸敏三広域連合長をはじめ10名の知事・市長などが参加した。
 当日は活発な議論が行われ、関西の国際観光推進に官民が一致協力して取り組むため、その体制確立に向けた準備委員会を設置し、2016年4月に「関西国際観光推進本部(仮称)」を設立することや、2018年4月をめどに本格的な推進体制を構築することについて合意した。
 また国土政策については、近畿圏広域地方計画の名称を「関西(近畿圏)広域地方計画」に変更すること、また災害に負けない強くしなやかな国土づくりのために、首都圏などの災害時における司令塔機能の代替拠点を関西に設置するよう、官民一体となって働きかけていくことで意見が一致した。
ページの先頭に戻る