トップページ > TOPICS一覧 > 2016 > 外国人旅行者向け共通乗車券「KANSAI ONE PASS」の販売を発表

TOPICS

外国人旅行者向け共通乗車券「KANSAI ONE PASS」の販売を発表

2016年1月26日 151023.jpg

 1月20日(水)、関経連は訪日外国人旅行者向けの関西統一交通パス「KANSAI ONE PASS(関西ワンパス)」を、今年4月8日(金)から鉄道事業者などと協力し試験的に販売すると発表した。関西ワンパスは、現在「関西広域観光戦略」において取り組んでいる訪日外国人旅行者の受入環境整備の核のひとつとして検討を進めてきたものである。
 具体的には、JR西日本の「ICOCA」をベースとしたチャージ式交通ICカードで、「ICOCA」利用可能エリアを1枚のカードで周遊できるほか、関西国際空港内の41店舗を含む約90箇所のショッピング施設や観光スポットで利用できる優待特典を付加。またカードのデザインには、関西にゆかりのある手塚治虫氏のイラスト「鉄腕アトム」を採用した。
 関経連では、関西ワンパスによる回遊性の向上、消費意欲の喚起、および観光情報の発信強化を図り、引き続き関西のインバウンド底上げに貢献していく。リリース資料はこちら

ページの先頭に戻る