トップページ > TOPICS一覧 > 2016 > セミナー「日本の財政のこれからを考える」を開催

TOPICS

セミナー「日本の財政のこれからを考える」を開催

2016年2月25日 151023.jpg

 2月15日(月)、わが国にとって喫緊の課題である財政健全化の必要性について、あらゆる世代の理解を促し、関心を高めることを目的にセミナーを開催した。
 まず、財務省主計局の中山光輝調査課長が、わが国の財政(歳出・歳入)の現状、財政悪化の背景、財政健全化に向けた国の取り組みについて解説した。続いて、一橋大学大学院経済学研究科の佐藤主光教授が、軽減税率の導入を含む消費税再増税の背景、現状の税制のしくみが抱える問題点、そして経済成長と財政健全化を両立するための税制面からの改革等について紹介した。
 セミナーには、現役大学生24名を含む80名が参加。講師との積極的な質疑応答も行われ、関心の高さがうかがえた。

ページの先頭に戻る