トップページ > TOPICS一覧 > 2016 > 「関西国際観光推進本部」設立

TOPICS

「関西国際観光推進本部」設立

2016年4月11日 151023.jpg

 3月24日(木)、関西の官民が一体となって、外国人旅行者の誘致を推進するための母体となる「関西国際観光推進本部」が設立された。
 本組織には、関西の自治体、経済団体、業界団体・事業者、観光推進団体など52団体に加え、オブザーバーとして国の出先機関など8団体が参画。本部長には井戸敏三・関西広域連合長と森詳介・関経連会長、本部長代行には山田啓二・関西広域連合委員と角和夫・関経連副会長が就任した。
 今後、関西へのさらなる誘客に向けた指針と行動計画を策定するとともに、広域観光周遊ルート形成促進事業「美の伝説」や訪日外国人旅行者向け関西統一交通パス「KANSAI ONE PASS」事業、無料Wi-Fiの整備といったプロジェクトを推進する。あわせて、本組織が強いリーダーシップを発揮し、より実効性の高い体制となるよう、検討を進める。

ページの先頭に戻る