トップページ > TOPICS一覧 > 2016 > 関経連訪中団2016を派遣

TOPICS

関経連訪中団2016を派遣

2016年8月 1日 151023.jpg

 7月12日(火)~15日(金)、松下正幸関経連副会長・国際委員長を団長とする24名の訪問団を北京と上海に派遣した。一行は、中国日本友好協会の唐家セン会長(センは王へんに旋)、在中国日本国大使館の横井裕特命全権大使、中国(上海)自由貿易試験区管理委員会の沈暁明主任らとそれぞれ懇談したほか、日中の企業経営者が共通課題について議論する「第2回日中企業家交流会」を中国日本友好協会とともに開催した。
 唐家セン会長との懇談では、「中国経済は今後5年間で6.5%以上の成長を維持する見込みであり、両国の互恵協力を拡大するチャンスに満ちた時代となる」と述べ、関西経済界との一層の交流促進に向けて期待が寄せられた。
 第2回日中企業家交流会には、日中双方あわせて約120名が出席し、「"創新"で拓く成長への新段階―環境分野のビジネス展開」「日中協力による観光産業活性化」の2つをテーマに活発に意見を交わした。本交流会は今後も年1回程度の開催を続ける予定。

ページの先頭に戻る