トップページ > TOPICS一覧 > 2016 > 女性のエンパワメントのための「米国派遣プログラム2016」現地研修を実施

TOPICS

女性のエンパワメントのための「米国派遣プログラム2016」現地研修を実施

2016年8月 8日 151023.jpg

 7月16日(土)~24日(日)、駐大阪・神戸米国総領事館とともに、「女性のエンパワメントのための『米国派遣プログラム2016』」の現地研修を実施。企業で活躍する中堅リーダーの男女7名を米国(ニューヨークおよびシカゴ)に派遣し、女性活躍の支援団体をはじめとする各種団体と懇談を行った。
 懇談では、女性だけでなく男性も含めたネットワークづくりや女性が自信を持つことの重要性を再認識するとともに、NPOの活発な提言活動により女性活躍が進んでいる米国の状況など、日米における社会・文化の違いについて学習した。また、鉄鋼業界などの男性が多い業界では古い価値観を持った人がまだ多く残っていることや、望む人すべてが保育所を利用できていない現状があることなど、日米共通の課題を確認した。
 帰国後、研修参加者は米国で学んだことを生かして自社における女性活躍推進の取り組みを検討する。

ページの先頭に戻る